水漏れとは

水漏れとは

水漏れとは
水漏れとは、水道管や水栓の劣化などにより、外部に水が漏れることを言います。
水漏れすると、その周りの壁や床にカビが生えたり、周辺に設置してある装置や、人体にも影響が出る場合があります。
水が漏れている場合、始めの方はわずかな量であることが多いため、気付かない場合があります。

しかし、水漏れは自然に直っていくことはほとんどなく、次第に水の量が多くなる場合が多いため、気付かないままでいると、
「突然水道代が高くなった!」ということにもなりかねません。
また、貴重な資源の無駄遣いになってしまいます。
水漏れは、早い段階で発見した方が周辺トラブルに被害も少なくて済みますし、修理代も安くなる場合が多いため、
日頃から時々床や壁に水の痕がないか確認したり、水道メーターを確認するなどした方が良いでしょう。
 
 
水漏れが起きた後の影響
水漏れが起きてしまうと、水道代が高くなるだけでなく、さまざまなことに影響を及ぼします。
また、水濡れを発見してそれを放っておいても恐ろしいことが起こってしまいます。
例えば、水漏れが起こった場所が家の真下だった場合、地面が常に湿っていることになり、家の中に湿気がこもってしまいます。
そのようになると、部屋の中の湿度が上がり、ジメっとした空間になります。

そして、壁にカビが生えたりして壁紙を貼りかえなければならなくなったり、家具が傷んだり、ゴキブリなどの害虫が発生したりします。
また、カビが原因でぜんそくやアレルギーを引き起こしたり、体調を崩す可能性もあります。
一戸建て住宅などでは、水が漏れたことによって周りの土を巻き込み、地面から土がなくなってしまい、地面に穴が空いてしまうこともあります。
マンションやアパートなどの集合住宅の場合では、水漏れした水が下の階の住宅へ影響を及ぼすことも考えられます。
その場合、家具や家電、床などの修理や弁償をしなければならなくなりますし、パソコンなどへ水漏れした水がかってしまった場合、
パソコンの機械だけでなく、データがなくなってしまう可能性もあります。

そのようになってしまうと、自分の家の修理代だけでなく、下の階の住宅への弁償金もかかり、金額が膨大な額になってしまうことが考えられます。
一戸建て、集合住宅に関わらず、水漏れした場合、被害が一番大きい場所は床です。
床が傷んでしまうと、腐食が起こったりカビが生えたりして、陥没したり穴が空くこともあります。

水回りの検査や修理は水道業者が行ってくれるかもしれませんが、床の修理までとなると、また違う業者に依頼しなくてはなりません。
最悪の場合、壁や床がカビや腐食だらけになってしまい、家全体をリフォームしなければならない場合もありますので、
やはり、水漏れの早期発見と早期修理をすることが重要になるでしょう。

水漏れ修理

漏水